女一人旅(国内旅行)の荷造り

女一人旅(国内旅行)の荷造り

国内での一人旅では、荷物は、手元においてすぐ出したいものと、それ以外のものとにまとめます。

 

手元においてすぐ出したいものは、ハンドバックかポシェット、リュックにいれます。

 

旅のときは身軽に歩けるのがなによりですので、バッグの中身は、最小限にしましょう。

 

ハンカチ、ハナカミ、小さい財布、携帯電話、それとどうしても必要なものくらいにしておきます。

 

財布もできれば現金は最小限にし、小さめの財布ですますようにし、バッグはできるだけ小さく軽くするように心がけ、体の動きにフィットして、手が自由になるものがベストです。

 

気温の変化に応じられるように、羽織るものや、スカーフ、ストールなどを用意した方がいいでしょう。

 

これらは洋服の一部なので、着ているものとの組み合わせにも気をくばりたいものです。
日帰りであれば、それ以外に特に必要なものもありません。

 

天候の良い日や紫外線の多い日は、日焼け対策のためのクリームや帽子などは、忘れないようにしましょう。

 

宿泊を伴う旅行には、行き先に応じた着替え、履物、常備薬、保険証などを用意していきましょう。
車での移動であれば、持ち物が増えるのはかまわないのですが、電車・バス・飛行機・新幹線などで移動するのであれば、荷物は軽いにこしたことはありません。

 

旅館やホテルにあるものを確認しておき、余分なものはもっていかないように

 

お土産を購入予定であれば、持ち帰りできる量にし、誰に差し上げるかあらかじめリストをつくっておくといいです。

 

一人旅も持ち物は必要最小限に。
現地調達できないものは必ず用意を。
気温の変化に対応できるようにするのも旅のたしなみです。

るるぶ

国内宿泊

1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-


【このページをソーシャルブックマークする】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークはてなブックマークに登録する はてなブックマークlivedoorクリップに登録する livedoorクリップFC2ブックマークに登録する FC2ブックマーク



スポンサードリンク

女一人旅(国内旅行)の荷造り関連エントリー

女一人旅(海外旅行)の荷造り
旅は頭にも心にも栄養を
一人旅・あるといいもの
旅は頭にも心にも栄養を